注目キーワード Uber Eats

楽天モバイルでのUber Eatsの配達は割高になる!その対策は?

Uber Eatsの配達には配達用のアプリを使うためにスマホが必須であるという事は言うまでもありません。


そこで注目されるのは、やはりRakuten UN-LIMITです。

まさに格安スマホ市場がぶっ潰されてもおかしくない様な魅力的な料金プランです。


ただ、普通にUber Eatsの配達で利用すると間違いなく割高になりますので気を付けて下さい。

・Uber Eatsの配達で楽天UN-LIMITを検討中の方
・既にUber Eatsの配達で楽天UN-LIMITをご利用の方

Rakuten UN-LIMITが割高になる原因は主に通話料金です。


既にRakuten UN-LIMITを使っていて、通話かけ放題だと思って普通に使って後で請求が来てから???高い!なぜ?

と思った人もいる事でしょう。


この記事でわかる事


・Uber Eatsの配達で高くつく理由

・Uber Eatsの配達で割安にする為には

・Uber Eatsの配達員にはどれが最適か


結論を言うと特定の条件に当てはまればUber Eatsの配達でRakuten UN-LIMITが最も安くなります。


ちなみにiPhoneは特定の条件外のためRakuten UN-LIMITは最善の選択にはなりません。


スポンサードリンク

楽天モバイルでのUber Eatsの配達で高くつくケース

楽天モバイルでのUber Eatsの配達で高くつくケース

Rakuten UN-LIMITはRakuten Linkアプリを経由する事で通話料が無料になります。

逆にRakuten Linkアプリを経由しない場合は30秒22円の通話料がかかるという事です。

Rakuten Linkを経由しない
楽天回線のカバーエリア外

後、高くつくケースは楽天回線のカバーエリア外のパートナー回線の利用が5GB超えた場合です。


Rakuten Linkを経由しない

・Uber Driverアプリからの発信

Rakuten Linkアプリを経由させれば国内通話料金が無料でしかも通話品質も全く問題ありません。


しかもLINE通話と違って相手先がRakuten Linkアプリを使っているか否かは関係なくナビダイヤルなど特定の電話番号以外はすべて無料になります。


しかしUber Eatsの配達でユーザーに電話する時はUber Driverアプリからの発信となります。


そのUber Driverアプリからの発信した場合Rakuten Linkを経由しません。

これが原因で通話料は無料ではなくデフォルト状態の30秒22円という料金が発生するという事になってしまいます。


Uber Driverアプリにはユーザーの電話番号は記載されておらず、ボタンをタップする事で電話します。

私はその状態で特に疑問も持たず3ヵ月程稼働してましたが、月2000円~5000円の通話料が発生していました。


実際にRakuten UN-LIMITそのものは安い料金プランであっても、この配達アプリを使うと結果的に高くなってしまったと言う経験をしました。


楽天回線のカバーエリア外

・エリア外はKDDI(au)で5Gまで

ご存じの通り携帯キャリア大手4社目として参入しましたが、まだ参入歴が短いせいかエリアすべてをカバー出来ていません。


大都市圏内がやっとカバー出来始めたような状態です。

そしてエリア外ではKDDI(au)回線でつながるようにはなっていますが、月間5Gまでしか使えません。


月間5Gを越えても1Gあたり550円で購入出来ますが、この場合はUber Eatsの配達をやっていると高くついてしまいます。


Uber Eatsの配達をガチ稼働すれば月間7~10G使います。

そもそも追加でギガを買わなければならない地域の場合はRakuten UN-LIMITを選択するべきではないでしょう。


現在のカバーエリアは下記のリンクでご確認下さい。


⇒ 楽天回線のカバーエリア


楽天回線は現在物凄いスピードでカバーエリアを拡大中で、地方都市でも普通に使える状態にはなって来ています。


楽天モバイルでのUber Eatsの配達で割安にする為には

楽天モバイルでのUber Eatsの配達で割安にする為には

上記で説明した様な事態が起こるのなら、Rakuten UN-LIMITを使ってのUber Eatsの配達はやめておいた方がいいのか?


という話になってしまいますが、楽天回線のカバーエリア内でRakuten Linkを経由させる事が出来ればRakuten UN-LIMITは最も安い選択肢になります。

端末側でRakuten Linkをデフォルトにする
Rakuten Linkサポーター

Rakuten UN-LIMITのみで使える無料通話アプリでRakuten Linkをデフォルトにする事が出来れば、Uber Driverアプリからの発信も無料に出来ます。


ここで勘違いしてはいけないのが、Rakuten Linkアプリをダウンロードしただけではデフォルト状態にはなりません。


Rakuten Linkアプリを経由しないとUber Driverアプリだけではなく、普通にWebサイトの電話番号のリンクをタップしても30秒22円という料金が発生します。


しかしこの設定が完了すればすべてRakuten Linkアプリを経由します。


端末側でRakuten Linkをデフォルトにする

・出来ない端末が多数

設定からデフォルトでの通話アプリをRakuten Linkにすれが完了です。


ただしそれが設定できる端末でなければなりません。

しかし今のところ端末側で設定できる機種は少ないのでこの手段では解決出来ない人が多いかと思われます。


ちなみに私は2台所有していますが、どちらも不可能でした。

当然のようにiPhoneでは出来ないどころか将来的にも期待は出来ないでしょう。


Rakuten Linkサポーター

・android10以上
・iPhone不可

まず「Rakuten Linkサポーター」という名称ですが、楽天が提供しているアプリではありません。


普通にGoogle Playで検索すれば出てきます。

このアプリを使えば普通に発信する電話からUber Driverアプリ経由での発信もすべてRakuten Linkを経由します。


すなわち「0570」などの特殊な電話番号を除けばすべて無料になるという事です。


しかし見落としてはならないのがiPhone不可と言う点です。

ちなみにRakuten Linkサポーターの開発者はiPhone版は作る予定はないとの事です。


これで楽天回線のカバーエリア内でandroidの方はRakuten UN-LIMITを選択しない理由はないのではないでしょうか?


最大30,000ポイント還元!
楽天モバイルの公式サイト


Uber Eatsの配達に楽天モバイルを使わない方がいいケース

Uber Eatsの配達に楽天モバイルを使わない方がいいケース

安くなると思ってRakuten UN-LIMITにしたのに実は高くついた!と言う事態は避けたいところでしょう。

既に上記で説明した通り基本的にiPhoneユーザーは得にはなりません。

iPhoneユーザー
カバーエリア内でも電波が悪い地域

料金以外にも、やはり電波事情も使うか使わないかの判断基準になると思います。


iPhoneユーザー

・Rakuten Linkサポーター不可

iPhoneではRakuten Linkサポーターが使えないのでRakuten Linkを経由する手段がありません。

そして現地点では端末側でも設定できません。


よってUber Eatsの配達の時の通話は30秒22円課金されます。

これを回避する方法は10分かけ放題オプション(1100円/月)を申し込むしかありません。


Uber Eatsの配達専用で使った場合は合計で月3278円かかる事になります。

・10GB利用   2178円
・10分かけ放題 1100円

このケースは5分放題がついているahamo(ドコモ)の2970円より高くなります。


もっともこれは月20G未満での話ですので、それ以上使う人は10分かけ放題オプションをつけてまでもRakuten UN-LIMITを使う価値は出てきます。


しかし月20G未満の場合は絶対的にahamo(ドコモ)にするべきです。

尚、Rakuten UN-LIMITは解約料もかかりませんので、もし現在その様な状態の人は解約してahamo(ドコモ)にしましょう。

最大10,000ポイント還元!
ahamoの公式サイト


カバーエリア内でも電波が悪い地域

・高い安いよりもストレスフリーに!

楽天回線のカバーエリアでも電波の悪い箇所はあります。

昔よくあった、同じ場所でもドコモは電波入っているのにsoftbankは入らない!と言う現象です。


現在の楽天回線がそんな感じです。

当時のsoftbankよりはひどくはないですが、高層階や建物の中でその様な事はちょくちょくあります。


Uber Eatsの配達で言えば、建物に入ってピンポンしても出て来ないお客さんに電話しようと思ったけど電波が入っていない!などです。


こういうのがあまりにも多い場合はかなり非効率になる上に大きなストレスです。

いまだにドコモは電波が入っているけど他は入っていない場所はよくあります。


ストレスフリーに理想なのは、やはりドコモです。ドコモでも電波が入らない場合はあきらめもつくと思います。

後はあなたの許容範囲次第での判断です。


最大10,000ポイント還元
ahamoの公式サイト


あなたにピッタリのスマホプランを提案

あなたにピッタリのスマホプランを提案

ここではUber Eatsの配達をやっている人という事を前提におすすめのスマホプランを提案いたします。


Uber Eatsの配達ではゼンリンアプリを使うためにスマホを2台持の人も少なくはないと思います。

ちなみに私の場合は軽貨物もやっていますので当然のようにスマホを2台持ちです。

スマホ1台持ちの場合のおすすめ
スマホ2台持ちの場合のおすすめ

安さで一気にシェア拡大を目論もうとする楽天モバイルの新規参入に従来の3大キャリアが立ちはだかってきました。


楽天モバイルにとっては、とてつもない抵抗勢力ですが消費者にとっては嬉しい事です。


docomoはahamo、auはpovo、softbankはLINEMOという名称でのサービス提供。

料金はとても偶然とは思えない同じような金額です。


旧大手3大キャリアの格安ブランド

名称月額(20GB)5分放題かけ放題詳細
ahamo(ドコモ)2970円0円1,100円公式HP
povo(au)2728円550円1,650円公式HP
LINEMO(sb)2728円550円1,650円公式HP

これらの中でやはりイチオシはahamo(ドコモ)です。

その理由は無制限のかけ放題は不要!5分かけ放題で事足りるとの判断。


となるとahamo (ドコモ)が一番安くなります。


Rakuten UN-LIMIT

データ利用量1回線目2~5回線目
1GBまで0円1078円
3GBまで1078円1078円
20GBまで2178円2178円
無制限3278円3278円

旧大手3大キャリアの格安ブランドよりも更に安くシェア拡大をはかる楽天モバイルの料金プランです。

これはもはや格安スマホ業界が吹っ飛びそうな金額です。

楽天モバイル公式サイト


スマホ1台持ちの場合のおすすめ


Uber Eatsの配達で10GB使う事を前提でシュミレーションしておすすめを選出します。

・楽天回線カバーエリア
・android端末
・Uber Eats以外で10GB以上

おすすめRakuten UN-LIMIT


楽天回線エリアで20GB以上ですのでRakuten UN-LIMITで3278円/月がベスト

楽天モバイル公式サイト



・楽天回線カバーエリア
・android端末
・Uber Eats以外で10GB未満

おすすめRakuten UN-LIMIT


楽天回線エリアで20GB未満ですのでRakuten UN-LIMITで2178円/月がベスト

楽天モバイル公式サイト



・楽天回線カバーエリア
・iPhone端末
・Uber Eats以外で10GB以上

おすすめRakuten UN-LIMIT、10分かけ放題オプション


楽天回線エリアで20GB以上ですのでRakuten UN-LIMITでオプション込みで4378円/月がベスト

楽天モバイル公式サイト



・楽天回線カバーエリア
・iPhone端末
・Uber Eats以外で10GB未満

おすすめahamo(ドコモ)


楽天回線エリアで20GB未満ですがiPhone端末なのでahamo(ドコモ)で2970円/月がベスト

ahamo公式サイト



・楽天回線カバーエリア外
・android端末
・Uber Eats以外で10GB以上

おすすめ旧3大キャリアの普通のプラン


楽天回線エリア外で20GB以上ですので旧3大キャリアの普通のプランがベスト



・楽天回線カバーエリア外
・android端末
・Uber Eats以外で10GB未満

おすすめahamo(ドコモ)


楽天回線エリア外で20GB未満でのでahamo(ドコモ)で2970円/月がベスト

ahamo公式サイト



・楽天回線カバーエリア外
・iPhone端末
・Uber Eats以外で10GB以上

おすすめ旧3大キャリアの普通のプラン


楽天回線エリア外で20GB以上ですので旧3大キャリアの普通のプランがベスト



・楽天回線カバーエリア外
・iPhone端末
・Uber Eats以外で10GB未満

おすすめahamo(ドコモ)


楽天回線エリア外で20GB未満ですのでahamo(ドコモ)で2970円/月がベスト

ahamo公式サイト


スマホ2台持ちの場合のおすすめ

楽天回線カバーエリア

順位メインスマホサブスマホ
1位Rakuten UN-LIMITahamo
2位Rakuten UN-LIMIT格安SIM
3位Rakuten UN-LIMITRakuten

まず楽天回線カバーエリアはメインスマホにRakuten UN-LIMITを選択しないという選択は無い!

iPhone端末を使う場合は10分かけ放題オプションを忘れずに!


1位のサブスマホは無難にahamo、2位の格安SIMはメインのRakuten UN-LIMITのテザリングを利用するのでギガが低くてもいい、3位はRakuten UN-LIMITを2台持つという事で、2台目は1078円/月かかります。


最大30,000ポイント還元!
楽天モバイルの公式サイト


楽天回線カバーエリア外

順位メインスマホサブスマホ
1位旧3大キャリアRakuten
2位旧3大キャリア格安SIM
3位旧3大キャリアahamo

楽天回線カバーエリア外のメインは旧3大キャリアのドコモ、au、ソフトバンクの格安ブランドではない普通のプランです。


1位のサブスマホRakuten UN-LIMITですが、メインスマホのテザリングで0円運用も可能。2位は格安SIMで0円運用は無理だがメインスマホのテザリングがあるのでギガが低くてもいい、3位無難にahamoですがメインがドコモの場合はpovoやLINEMOでもいい。


最大10,000ポイント還元!
ahamoの公式サイト


まとめ


☒Uber Eatsの配達でRakuten UN-LIMITが高くつくケース

・楽天回線のカバーエリア外はKDDI(au)回線で5GBまでで追加で買わなければならなくなる!

・Rakuten UN-LIMITがデフォルト状態でUber Eatsの配達アプリから発信すると30秒22円の料金がかかる!

・Rakuten Linkアプリを入れるだけだとUber Eatsの配達アプリでは無料通話にならない!


☒Uber Eatsの配達で割安にする為には

・端末側でRakuten Linkをデフォルトにするか出来ない場合はRakuten Linkサポーターを入れる事でRakuten Linkを経由するので無料通話に出来る。

・但しiPhoneではRakuten Linkサポーターが使えないのでiPhoneユーザーは10分かけ放題オプションを入れる事!


☒Uber Eatsの配達員にはどれが最適か

・楽天回線カバーエリアならRakuten UN-LIMITを選択しないという選択は無い!

・楽天回線カバーエリア外はahamoか旧3大キャリアの格安プランではないプランがおすすめ!

・スマホ2台持ちの場合ケースバイケース





Uber Eatsの配達に関してのQ&A一覧
Uber Eats配達の評判、評価:口コミ情報の掲示板

スポンサードリンク
この記事が気に入ったらフォローお願いしましす