注目キーワード Uber Eats

Uber Eatsの配達の需要が増えるハズの雨なのに鳴らない原因と解決策

Uber Eatsの配達で雨の日は注文が増えるのに配達員も少なくなるので鳴りが良くなるのが通常です。

特に軽貨物で稼働している人にとってはバブル到来のハズなのですが・・・


しかし雨が降る事で逆に鳴りが悪くなるという経験はありませんか?


この現象は都市部で稼動している人は経験無いかも知れませんが、郊外では頻繁に出てくる現象です。

・雨の日に鳴らなくなる理由
・雨の日に鳴らない時の対策

雨で濡れるのと引き換えに稼げると思って稼働したハズが、濡れるだけで普段より稼げないという事態は避けたいところです。


雨の日でも稼働する人は鳴らなくなる理由とその解決策を知っておきましょう。


スポンサードリンク

本来なら雨の日はよく鳴る

Uber Eatsは本来なら雨の日はよく鳴る

Uber Eatsの配達員にとって雨の日はとても辛い仕事になりますが、その雨の日は稼ぎどきです。

それは注文が増えるのにも関われず逆に配達員が減るからです。

✅ 注文が増える
✅ 配達員が減る

雨の日は稼げるからカッパを着てでも雨の中、走っている人が存在するのでしょう。


注文が増える

・雨だから利用するユーザー
・Uberがそう言ってる

雨の日クエスト発生の時にUberから来るメッセージで、雨の日は多くの需要が見込まれ注文が増えますとメッセージがきます。


たしかにあり得る事だとは思います。

雨の日は不要不急の外出はせずに、引きこもりになる人が増える。


そして食事に出かけるのも買いに行くのも面倒くさくなり出前を頼む。

よってフードデリバリー最大のプラットフォームであるUber Eatsの配達が増えるという流れです。


普段からUber Eatsを使っている人にとっては、雨が降ろうが降るまいが関係ないと思いますが、雨だからこそ利用するお客さんも一定数はいると思われます。


配達員が減る

・雨の日はキツイ
・雨の日は危険

私的には雨の日によくリクエストが鳴るのは、注文が増える以上に配達員が減る事の方がその原因だと思っています。


まず普段、目にする自転車部隊の姿が極端に見なくなります。

時々、雨に打たれているウバックを背負った自転車を見る事もありますが確実に減っているのは一目瞭然。


その理由は単純な事で、雨の日はキツイ&危険だからです。

このコンディションの悪い中インセンティブが付くとは言え、割に合わないと判断する人が多いという結果なのでしょう。


ちなみに現在、私は雨が降ったらすぐやめます。


雨の日に鳴らなくなる理由

Uber Eatsが雨の日に鳴らなくなる理由

本来なら雨の日はよく鳴るというのが常識的に言われていますが、逆に鳴らなくなる事もあります。


その原因は配達員が多すぎる時に起きる物理的な現象と、配達員が少なすぎる時に起きるUber Eatsのシステムが起こす現象です。

✅ 配達員少なすぎ
✅ 配達員多すぎ

台風など自然現象などで配達員に危険が及ぶレベルの時はUber Eatsのシステム側でオーダーストップする場合もあるそうですが、今回はそれを省きます。


配達員少なすぎ

・ライバルが減るから鳴りやすいハズ?
・お客さんが注文出来ない

配達員が少ない時に稼働すれば、自分に配達リクエストが回って来やくなると普通はそう思います。


雨が降って来たから稼げるぞ!

と思って喜んでいたら、稼げるどころか逆に全く鳴らなくなる事がよくあります。


これはUber Eatsのシステムが起こす現象でその地域に配達員が一定数いない場合、お客さんが注文自体する事が出来ない状態になるという現象です。


Uber Eatsはマッチングアプリですのでレストラン、注文者、配達員がマッチしないと成り立ちません。

この場合は注文者の需要に対し配達員がマッチング出来ない状態という事でしょう。


すなわち、配達員があなた1人しかいない状態の時はUber Eatsのシステムが機能しないという事です。


確かに配達員が1人しかいないのに注文者が10人いたら対応しきれず多くはUber Eats側からキャンセルせざるを得なくなり、結果的に評判が悪くなります。


だったら最初から注文できない状態にしよう!という事でしょう。


配達員多すぎ

・雨の日クエスト発生
・実際には雨が降っていない

雨の日はインセンティブ、雨の日クエストがつきます。


その理由は雨が降ると配達員が極端に減る為、お金で釣ってでもマッチング機能を維持する必要があるからです。


しかし雨の日クエストが発生しているのにも関わらず、実際には雨が降らないケースがあります。

クエスト発生すると実際に雨が降っていなくても取り消しになる事はなくインセンティブは有効のまま。


そうなると今度は逆に配達員が増えすぎて競争が激化し、逆に普段より鳴らなくなるという現象になる事があります。


人間の考える事は皆一緒で、このおいしい状況には食らいつくという事です。


雨の日に鳴らない時の解決策

Uber Eatsの雨の日に鳴らない時の解決策

この解決方法としては、雨の日は常にUber Eatsのシステムの動向を調査して適切な場所に移動する事です。

それは注文者用のアプリで状況を把握出来ます。

✅ 調査する
✅ 移動する

解決策が通用しない場合は、その日は稼働をやめるのも1つの手段です。


調査する

・注文者用のアプリをチェック
・他の配達員からの情報

調査の為、Uber Eatsの配達用ではなく注文者用のアプリを必ず入れておきましょう。


まず注文者用のアプリで現在稼働している場所を配達先として登録するとその場所に配達可能なレストランが表示されます。

その時、下記のように表示される事があります。


近くに配達パートナーがいません

この表示は、表示のテキスト通り注文が込み合っている場合か、配達員が不足している場合に表示されます。


しかしその場所でUber Eatsの配達用のアプリをONにしていてもこの画面のままです。

つまり、あなたは配達可能なのにお客さんがアプリで注文出来ない状態になっているという事です。


そうなるとそこで待機していても絶対に鳴らないという事を把握出来ます。


後は他の配達員からの情報収集です。

雨の日に鳴らない状況の中でもある程度は配達員を見かけますので声をかけて情報収集しましょう。

特に自転車での稼動の人はその地域情報に特化している傾向があります。


その情報でその地域での雨の日のUber情勢が掴める事もあります。


移動する

・注文者用のアプリをチェック
・配達員がいるかチェック

配達リクエストが来ない時は配達リクエストが来そうな所に移動しましょう。

その場所の候補はUber Eatsの注文者用のアプリで見つけます。


まず注文者用のアプリで現在稼働している場所を配達先として登録するとその場所に配達可能なレストランが表示されます。

下記の画面のように「近くに配達パートナーがいません」と表示されています。


近くに配達パートナーがいません

この表示がされている地域では鳴りませんので、近隣の地域を入力してこの表示が出ていない所に移動しましょう。

しかしバイクや軽貨物ならいいのですが、自転車なら移動するのは考え物です。


もう1つの手段は他の配達員がいる所に行く事です。

配達員があなた1人だけだとUber Eatsのシステムが機能しません。


配達員が何人ならUber Eatsのシステムが機能するのかは公開していませんのでよくわかりませんが、ある一定の配達員が揃えば突如機能し始めます。


要するに「近くに配達パートナーがいません」の表示が突如消える事があるという事です。

その確率を高める為にはウバックを背負った人を探すのが合理的判断と言えます。


まとめ


☒雨の日に鳴らなくなる理由

配達員少なすぎるとUber Eatsのシステム上、鳴らなくなる

配達員多すぎるとイス取りゲーム状態で結果的に鳴りにくくなる


☒雨の日に鳴らない時の解決策

注文者用のアプリをチェックして移動先を考えて実行

他の配達員がいる近くに行く





Uber Eatsの配達に関してのQ&A一覧

スポンサードリンク
Uber Eatsの配達の需要が増えるハズの雨なのに鳴らない原因と解決策
この記事が気に入ったらフォローお願いしましす