注目キーワード Uber Eats

軽貨物配送事業者に必須!おすすめガソリンカードとETCカード

軽貨物配送は何かと月々のランニングコストがかかりますが、その中でも一番かかる経費はガソリン代です。


一般的に車を所有している人にはガソリン代が1ℓ2円、3円はたいした金額差を感じる事もないかも知れません。


しかし軽貨物配送をやっているとその小さな金額の差が月間、年間で計算すると結構な金額差になってきます。


それを気にしない軽貨物配送ドライバーはいないと思います。

軽貨物配送ドライバーにとってはガソリンカードは必須アイテムです。


仮にブラックで審査が通らない!

という人もETCカードも一緒にそれを可能にする手段もあります。


軽貨物配送にとっては経費削減の為、ガソリンカードとETCカードの必須アイテムは必ず所有しましょう。

スポンサードリンク

ガソリンカード

軽貨物配送ガソリンカード

ガソリンカードのおすすめはENEOSカード1選で、ガソリン会社ごとに何枚もカード作る必要はありません。


その理由は道を走っていてENEOSを見ない事はないと断言できるぐらい街中ENEOSだらけだからです。

それ以外の選択肢はENEOSカードで審査が通らなかった時の対策です。

✅ ENEOSカード
✅ 楽天カード
✅ ETC協同組合

普通に道を走っていて一番目に付くガソリンスタンドはENEOSですが、その他は出光や昭和シェルなどでしょうか?


コンビニみたいに合併でガソリン会社も数種類しかなくなってしまいました。


しかし利用者側からみればガソリンカード一枚で事足りるという事になるので便利になったような気がします。

ENEOSカード

ENEOSカード

ENEOSカードの公式サイトへ

・ENEOS CARD P
・ENEOS CARD C
・ENEOS CARD S

どの3タイプも年会費/1,250円税抜き(初年度無料) 

但し「ENEOS CARD S」は年1回以上のカード (ETC含む)のご利用で次年度の年会費は無料。


3タイプとも24時間365日受付『ENEOSロードサービス』がついています。


軽貨物配送をやっていいる人は、既に任意保険にロードサービスはついていると思いますが、レッカーの回数制限などもありますのでプラスαで『ENEOSロードサービス』があっても損はないでしょう。


ENEOSカード3タイプありますが、詳細に付きましてはあまり興味ないと思いますので割愛させていただきます。

興味のある方はENEOS公式ページでご覧ください。


軽貨物配送ドライバーにとって興味あるのは3タイプのどれがいくら安くなるか?だと思います。


これは軽貨物の種類によって利用頻度が変わってきますので、まずは年間で一回でも使ったら年会費無料「ENEOS CARD S」を申し込むのが無難です。


親切に利用状況に応じてENEOSカードからメールがきます。

「現在の利用状況ならタイプ○○の方が年間で○○円安くなります」

のようなメールがきますので、その地点で検討すればいいと思います。


ENEOSカードの公式サイト

楽天カード

[PR]ENEOSでの給油はポイント2倍!

誰でも知っているあの楽天カードです。

この楽天カードをおすすめする理由は、楽天カードを使う事で値引きやポイントが貯まるなど有効に使えるからです。

楽天ポイントが貯まるガソリンスタンド検索サービス


CMでご存じのとおり楽天カードは年会費無料ですので持ってて損はありません。


しかしENEOSカードを所有している場合は優先順位はENEOSカードです。

ガソリン代の経費削減だけで考えればその方が安いからです。


おくまでガス欠寸前などでENEOS以外を使う場合の緊急用です。

審査が通らなかった人は楽天銀行の口座を作ってデビットカードとして代用可能です。


楽天カードの公式サイト

ETC協同組合

クレジット審査なし!ガソリンカード

軽貨物配送を始めたばかりの人は、いわゆる個人事業主であり信用は0に等しい状態です。


設立したばかりの法人や個人事業主はサラリーマンよりも圧倒的に信用度が低いのです。


すなわちENEOSカードなどのガソリンカードの審査が通らない可能性も十分にあり得る事で決して珍しくはありません。


そういう人への大きな味方になるのがETC協同組合です。

・クレジット審査なし
・年会費、カード発行手数料なし
・ガソリン代が全国均一価格

ENEOSカードなどと違い、クレジット審査がありませんので開業したばかりの軽貨物配送事業主でもガソリンカードが作れます。


又、ガソリン代が全国の出光と昭和シェルで均一価格なので、店頭の本日の価格の看板を気にする必要はありません。

法人でも個人事業主でも申し込み出来ます。

・確定申告書(コピー)
・運転免許証等の身分証明書(コピー)
・車検証(コピー)

確定申告書に関しては、個人事業を始めたばかりの人開業届などの個人事業主をやっている事を証明出来るもの。


軽貨物配送事業主は既に持っていると思われる「貨物軽自動車運送事業経営届出書」「個人事業の開業届出書」の控えを使って下さい。


後は組合ですので出資金1万円(組合退会時に返金)がかかります。


ETC協同組合の公式サイト

ETCカード

軽貨物配送ETCカード

軽貨物配送でも高速道路を使わない業務には不要かも知れませんが、スポット配送などでは必須になります。

しかし基本的に装備しておいた方がいいでしょう。

✅ ENEOSカード
✅ 楽天カード
✅ ETC協同組合

ETCカードは基本的に単独発行ではなくクレジットカードの紐づけになります。

単純に上記で紹介したガソリンカードの紐づけの物を説明します。

ENEOSカード

ENEOSカードETC

ENEOSカードの公式サイトへ

ENEOSカードのガソリンカードに紐づけされたETCカードです。

・発行料無料
・年会費無料

発行料無料も年会費無料なので申し込まない理由はないのではないでしょうか?


いずれにしても、ETCカード単独では発行出来ませんのでENEOSカードを申し込んでから会員サイトから簡単に申込できます。


ENEOSカードの公式サイト

楽天カード

楽天カードに紐づけされたETCカード

楽天カードの公式サイト

楽天カードに紐づけされたETCカードです。

・発行料無料
・年会費 通常550円(税込み)

楽天カードに紐づいた楽天ETCカードですので楽天カードを申し込む必要があります。


又、楽天カードそのものには年会費がかかりませんが、ETCカードは年会費がかかります。

楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード所有の場合や楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員の人は年会費無料です。


いずれにしても、ETCカード単独では発行出来ませんので楽天カードを申し込んでから会員サイトから簡単に申込できます。


楽天カードの公式サイト

ETC協同組合

ETC協同組合ETCカード

クレジット審査なし!ETCカード

ETC協同組合の発行するETCカードです。

ENEOSカードなどと違い、クレジット審査がありませんので開業したばかりの軽貨物配送事業主でもETCカードが作れます。


クレジットカードとの紐づけではありませんので銀行口座引き落としです。

法人でも個人事業主でも申し込み出来ます。

・確定申告書(コピー)
・運転免許証等の身分証明書(コピー)
・車検証(コピー)
・ETC車載器セットアップ証明書(コピー)

確定申告書に関しては、個人事業を始めたばかりの人は開業届などの個人事業主をやっている事を証明出来るもの。


軽貨物配送事業主は既に持っていると思われる「貨物軽自動車運送事業経営届出書」「個人事業の開業届出書」の控えを使って下さい。


後はETC車載器セットアップ証明書が必要になりますので。あらかじめETC車載器を搭載しておく必要があります。

・出資金 10,000円(脱退時返金)
・カード発行手数料 800円(税抜)/1枚
・年間手数料 800円(税抜)/1枚(年1回)

ETC協同組合のサービスを利用する為には出資金 10,000円(脱退時返金)がかかります。


但し、ガソリンカードとETCカード両方ご利用した場合でも、どちらかだけでも出資金は10,000円です。


ETC協同組合の公式サイト

まとめ

☒ガソリンカード

ENEOSカードを優先して申し込む。

サブ的役割で楽天カードを申し込む。

ENEOSカードの審査が通らなかった場合のみETC協同組合のガソリンカードを申し込む。


☒ETCカード

ENEOSカードを作ってそこでETCカード発行。

ENEOSカードの審査が通らなかった場合のみETC協同組合のETCカードを申し込む。